Products

HOME > 製品案内 > 油圧ナット

株式会社タイタンジャパンでは主要販売製品をタイタン社製品から NORWOLF(ノーウルフ)社製品に変更いたしました。これまで当社で販売したタイタン製品に関するサポートは引き続き行っておりますのでご安心ください。 油圧トルクレンチを代表とするボルト締結工具のご用命はNORWOLFのホームページよりお問い合わせください。

油圧トルクレンチのNORWOLF

油圧ナット

hydra nut

ナット自体が締付!
狭い場所でも高精度の作業

油圧ナットは、ナット自体の油圧力でボルトを引っ張り上げて締結を行う機器です(本製品がそのままボルトに残ります)。

使用法は本製品に油圧ホースを取り付けるだけなので、作業スペースが限定された場所でも非常に便利です。

複数のナットを同時に、均一のトルクで締め付けることができ、作業効率も上がります。

ボルトや座面による摩擦の影響を与えないため、より高精度な締付が可能です。


「軸力」による締付管理
油圧によってボルトを引っ張り上げる際に発生する、「軸力」による締付管理を行うことができます。

複数のナットを正確で均等に、素早く安全に締結できます。

製品本体がナットとして締め付けたボルトに残ります。

高温でも使用可
周辺温度が500℃以上の個所でも使用可能。
原子力発電所での実績があります。
作業効率アップ
複数のナットを素早く均等に締結するので、作業の効率化が図れます。

特に、原子力発電所での被爆軽減などに貢献しています。

油圧ナットの作動手順

油圧ナットは以下の手順で、ご利用いただけます。hydra_nut2

1. 油圧ナットをボルトにねじ込みます
2. 油圧ホースを接続し、油圧ポンプで加圧します
3. 圧力×油圧面積に等しい油圧力がかかり、ボルトは引っ張られます
4. ロックリングをピストンの上面まで回して、テンショニングは完了します
5. 油圧を解放し、ホースを取り外してすべての作業は完了します

こんなところで活躍します

油圧ナットは下記のような個所で効果的です。hydra nut2

1 頻繁に複数のボルトとナットの着脱が必要な個所
2 締付力の正確さが必要な個所
3 締付力によるボルトの破損が懸念される個所
4 振動により緩みが懸念される個所
5 着脱スペースが狭いなど、作業性の悪い個所
6 高温(500℃)が要求される個所

 

よりお手軽なグリスナットのご案内

M18-80までの低圧及び高圧の標準グリスナットもご用意しております。

※ お客様の仕様に合わせたグリスナットの製作も可能です。

 

もっと詳しい性能をお知りになりたい場合や製品にご興味を持たれましたら、お気軽にお問い合わせください。


[お問い合わせ&資料請求]